防犯対策について詳しく解説します!注文住宅をお考えの方は必見です!

    • ホーム
    • お知らせ
    • 防犯対策について詳しく解説します!注文住宅をお考えの方は必見です!

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    防犯対策について詳しく解説します!注文住宅をお考えの方は必見です!

    注文住宅を考えている方の中には、防犯対策に特に力を入れたい方もいらっしゃるでしょう。
    窃盗や侵入は徐々に減ってきてはいますが、もちろん油断は禁物です。
    今回は場所別の防犯対策と狙われやすい家の特徴などについて解説します。
    防犯対策の際にぜひお役立てください。

    □住宅の場所別の防犯対策をご紹介!

    泥棒は色々なところから侵入してきますが、中でも窓が一番多いです。
    もちろん窓以外のところも念のためにしっかり対策する必要があります。
    ここでは場所別の対策方法を詳しく解説します。

    *窓

    特に窓の下部分が床まであり、人が出入りしやすい掃き出し窓は鍵を開けられれば簡単に侵入できます。
    日本で最も使われる窓なので、家に設置したいと考える方も多いのではないでしょうか。
    配置する際は周囲から見えやすく、敷地を通る必要がある場所を選ぶことをおすすめします。

    *玄関

    玄関は家族以外の人が最も近づきやすい場所なので、注意が必要です。
    玄関のドアを開けることなく訪問者の様子を確認できるように、モニター付きのインターフォンを設置しましょう。
    また壊されにくい鍵を設置すると安心です。

    注意していただきたいのが明かりをとるためのすりガラスです。
    そこを破って侵入する泥棒もいるので、気になる方は工夫した方が良いでしょう。

    *ベランダやバルコニー

    ベランダやバルコニーに壁があると、周囲からの視線を気にすることなく家事やご自身の好きなことができるので便利ですよね。
    しかしこれらも防犯性を低下させることにつながります。
    特に高さがあり、周囲から全く中の様子が見えないようなものは泥棒にとって好条件になる可能性もあるので要注意です。

    □狙われやすい家の特徴とは?

    どんなに防犯対策をしっかり行っていても、家自体が泥棒に狙われやすい特徴を持っているとどうしても狙われる危険が高くなります。
    注文住宅を購入前の方は、ここでご紹介する特徴を押さえることをおすすめします。

    下見のしやすい家は大きく3つに分類されます。
    1つ目は前面道路型です。
    これは前面道路に建物を囲む敷地の一部が接しているタイプで、接する面積が広く道路に接していることから下見しやすいです。

    2つ目は路地型です。
    建物への通路の部分だけが前面路地に接しているタイプは、泥棒が道路から建物を下見するのが難しいという特徴があります。
    しかし、入ってしまえば反対に外部から見えにくくなるので、犯行が行いやすいです。

    3つ目は角地型です。
    敷地の2辺が道路に接していると泥棒は複数の方向から建物の様子を探れます。
    泥棒にとっては絶好の条件となってしまう恐れがあるのです。

    ではこのような建物はどのように対策をとる必要があるのでしょうか。
    前面型の場合だと少しの工夫でかなり高い防犯効果を期待できます。
    例えば道路から奥まで見通せるようにし、周囲の人から見えやすいようにすると良いでしょう。
    また開口部分を防犯性が高いものにしても良いかもしれません。

    次で紹介する具体的な防犯対策と併せて、ぜひ試してみてくださいね。

    □簡単にできる防犯対策をご紹介!

    ここではご自身でも行える、比較的簡単な防犯対策をご紹介します。
    おすすめの対策方法を3つご紹介するので、参考にしてみてください。

    1つ目は戸締りを必ずすることです。
    窃盗防止のために戸締りを行うことは当然のことのようにも思えますが、実は泥棒が侵入する際は戸締りをしていない時がかなり多いです。
    もちろん扉だけではなく見逃しやすい窓もしっかり締めることが重要です。
    ちょっと出かけたすきに泥棒に入られたという例はかなり多いので、たとえ少しの外出でも戸締りを心がけましょう。

    2つ目は近所の人と協力することです。
    泥棒は人の目がある場所には警察への通報を恐れて、当然近づきたがらないです。
    特に長時間の不在の場合は郵便物を預かってもらいましょう。
    泥棒が下見でチェックするポイントの1つとして郵便ポストがあり、新聞や手紙がたくさんたまっている場合は留守だと判断します。
    他にも近所の方の力を借りられる方法があるので、一緒に結託して泥防犯対策を徹底させましょう。

    3つ目は外構の防犯対策です。
    ここで押さえるべき重要なポイントは見通しを良くすることです。
    人通りが少なかったり、建物が塀や植木にちょうど隠れたりする場所にあると、侵入するのに好都合です。
    見通しを良くするには、暗がりを作らないようにセンサーライトを設置したり、足音が分かりやすくなるように砂利を敷き詰めたりすると良いでしょう。

    しかし、もちろんこれらだけでは不十分です。
    よりしっかり防犯対策を行いたい方は専門の業者に依頼することをおすすめします。
    また、注文住宅を検討されている方は、住宅の設計をする時から防犯について考えておくと良いですよ。

    □まとめ

    この記事では、注文住宅の防犯対策を解説しました。
    窓、玄関、ベランダなど、それぞれに施すと良い防犯対策があります。
    前面道路型や高い堀がある角地型は狙われやすいのでご注意ください。
    注文住宅をお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。