自然素材で暮らしやすい注文住宅を!塗り壁のメリットをご紹介

    • ホーム
    • お知らせ
    • 自然素材で暮らしやすい注文住宅を!塗り壁のメリットをご紹介

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    自然素材で暮らしやすい注文住宅を!塗り壁のメリットをご紹介

    みなさまは塗り壁についてどの程度知っていますか。
    塗り壁は、ヨーロッパでも使われているものであり、自然由来のものからできています。
    人工物ではないため、健康にも害を及ぼしにくいです。
    塗り壁にするメリットは他にどのようなものがあるのでしょうか。

    □塗り壁のメリットをご紹介!

    現在、多くの住宅でビニールクロスが使われています。
    確かに、ビニールクロスは比較的値段が安く手が出しやすいです。
    しかし、年数が経つにつれて劣化し、見た目が悪くなったり、剥がれやすくなったりするデメリットもあります。
    塗り壁であれば、その問題を解決できるかもしれません。

    まず、塗り壁のメリットの1つ目は、耐久性に優れている点です。
    塗り壁は適切な作業を行い、定期的に点検すれば、ビニールクロスよりも長い期間使用できます。
    ビニールクロスよりも値は張ってしまいますが、長期的な目で見れば得することが多いでしょう。
    これから先、長く住むことを考えれば塗り壁の方が適していると言えるでしょう。

    2つ目は、人間の健康を保つ手助けをしてくれる点です。
    塗り壁は、ホルムアルデヒドを分解してくれます。
    これは、住宅の接着剤に含まれているもので、人によっては気分が悪くなってしまいます。
    塗り壁には、この成分を分解・吸収してくれる効果があります。

    また、新築であれば、接着剤の匂いが気になる方もいるかもしれません。
    このような方にも、塗り壁であれば匂いがほとんどないため安心です。
    これら以外にも、湿度の調整や手直しがしやすいなどさまざまなメリットがあります。
    湿度を調整することで蒸し暑い空間を避け、傷がついた際には自分で簡単に修復できるのが、「塗り壁」なのです。

    □塗り壁の素材にはどのようなものが使われるの?

    塗り壁の素材の種類には、珪藻土(けいそうど)と漆喰がよく挙げられます。
    珪藻土の特徴として、無数の穴があることが挙げられます。
    これによって、穴に匂いが吸着し、消臭効果を期待できます。
    また、余分な水分を吸収し、湿度を保ってくれるのも魅力の1つでしょう。

    漆喰にもこれらの効果はありますが、珪藻土には及ばないと考えておきましょう。
    しかし、漆喰は艶があり、洋風の住居にとても合います。
    これらを考慮して、自分の好みや用途に合わせて使用すると良いでしょう。

    □まとめ

    塗り壁は人間の健康に良いだけではなく、さまざまなメリットが存在します。
    実際に使用することで、これら以外の魅力にも気付くかもしれません。
    これを期に、ビニールクロスでは得られない効能を感じてみませんか。
    皆様がより良い住宅を作り、快適な生活を手に入れる一助になれば幸いです。