無垢材でできたフローリングの魅力とは?へこみや傷の補修方法もご紹介します

    • ホーム
    • お知らせ
    • 無垢材でできたフローリングの魅力とは?へこみや傷の補修方法もご紹介します

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    無垢材でできたフローリングの魅力とは?へこみや傷の補修方法もご紹介します

    「無垢材のフローリングはお手入れが難しい」とお思いの方はいらっしゃいませんか。
    実は、適切な方法を知っていれば、比較的簡単にお手入れできます。
    でも、どうお手入れすれば良いのか、分からないことも多いですよね。
    そこで今回は、無垢材を使用したフローリングの補修方法とそのメリットについてご紹介します。

    □無垢材フローリングにできた傷やへこみの補修方法

    うっかり物を落としてしまったり、家具を動かすときに引きずったりすると、フローリングに傷やへこみができてしまうことがあります。
    ここでは、そのような場合にどう対処すれば良いのか、傷とへこみに分けて詳しく説明します。
    以下の対処をしても、傷やへこみが目立つようであれば、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

    *傷がついた場合の対処法

    まず、目の細かい紙やすりを用意して、少しずつ床を削ります。
    その際、紙やすりは、木目と同じ向きにかけることを意識しましょう。
    紙やすりをかけた後は、普段使用しているメンテナンスオイルで、再び塗装すれば、浅い傷なら塞がります。

    *へこみがある場合の対処法

    まず、へこんだ箇所に水を垂らして、全体に水分を染み込ませます。
    染み込みにくい場合は、針で穴を開けると、染み込みやすくなります。
    その後、布をあてながら、5から10秒程度アイロンをかけると、目立たないくらいに補修可能です。

    □フローリングに無垢材を用いるメリットとは

    1つ目のメリットは、木材本来の質感を味わえることです。
    無垢材を用いたフローリングの上を裸足で立つと、足にあたる感触が心地よく感じられるでしょう。
    これは、複数の合板を張り合わせた複合フローリングで再現することは難しいです。
    また、自然にできた木目は視覚的に美しく、心の癒やし効果も期待できます。

    2つ目のメリットは、調湿作用によって快適に過ごしやすい点です。
    無垢材には、湿度を一定に保つ調湿作用があるので、湿度の変化が少ないです。
    そのため、夏は涼しく、冬は暖かく感じられる住宅を実現できます。
    また、ダニやカビ、結露などの発生を防止できる点も、無垢材ならではの魅力ですね。

    □まとめ

    今回は、無垢材を使用したフローリングの補修方法とそのメリットについてご紹介しました。
    無垢材は、適切な対処法でお手入れすれば、長期に渡って良い状態をキープできます。
    また、年月を経るごとに愛着が出てくるのが、無垢材の魅力の1つです。
    ぜひこれらの情報を参考に、無垢材を使ったフローリングをご検討ください。