注文住宅を購入したい方へ!間取りの考え方をご紹介します!

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅を購入したい方へ!間取りの考え方をご紹介します!

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅を購入したい方へ!間取りの考え方をご紹介します!

    注文住宅をお考えの方の多くは間取りで悩まれるのではないでしょうか。
    暮らしやすさに大きく直結する間取りは失敗したくないですよね。
    そこで今回は、注文住宅の間取りを決める際の考え方をご紹介していきます。

    □間取りを考える際の三つのポイントをご紹介!

    一つ目は、家の向きや位置です。
    注文住宅を建てるうえで、家の向きや位置は暮らしやすさを大きく左右する重要なポイントです。

    家の向きに関しては、日当りや近隣環境などを考慮して考えるのがおすすめです。
    また、玄関が道路に近すぎたり、逆に人から見えないような位置に玄関があったりすると防犯面が心配ですよね。
    このように、家の向きや位置を、近隣環境や景観などをしっかりと考慮して設計するのがよさそうです。

    二つ目が、生活動線です。
    暮らしやすい注文住宅を設計するうえで、この生活動線は非常に大切なポイントです。
    吹き抜けのリビングやアイランドキッチンなどの憧れの設備は、この生活動線との兼ね合いを考えながら導入するのをおすすめします。

    三つ目が、プライバシーです。
    広い窓や開放的な間取りは景観が良くなりますが、プライバシーの面で注意が必要です。
    特に、子供部屋や寝室などプライベートな空間の位置には気を配るのがよさそうです。

    □間取りを決める際の注意点とコツとは?

    一つ目が、収納スペースです。
    暮らしてみて「意外と収納スペースが少なくて困った」という声は多いようです。
    収納スペースを広くすると生活スペースが狭くなってしまうと思いがちですが、物をすっきりと収納すると生活空間をより広く使えます。
    そのため、荷物の量を把握して収納スペースを設置するようにしましょう。

    二つ目が、コンセントの配置です。
    注文住宅は自由度が高く、コンセントの配置にまで気を配る人は少ないですが、実は注意が必要です。
    設計時から家具や家電のある程度の位置を図面に書きこむと失敗が少なく済みそうです。

    また、コンセントが少なくて困ったという失敗例も少なからずあります。
    収納スペースと同様、コンセントも多めに設置しておくことをおすすめします。

    三つ目が日当たりです。
    日当たりは暮らしの快適さを大きく左右するため重点を置くことをおすすめします。
    先述した家の向きも大切ですが、南側に建物が建っていたとしても、設計を工夫することで光が取り込めます。
    ただし、日当りがよすぎるのも、まぶしすぎてテレビが見にくくなってしまったり内装の劣化が進みやすくなってしまったりするため注意が必要です。

    □まとめ

    今回は、注文住宅の間取りの考え方をご紹介しました。
    この記事を参考に皆さんも快適な間取りを考えてみてください。