注文住宅を検討している方必見!家事を楽にする間取りとは?

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅を検討している方必見!家事を楽にする間取りとは?

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅を検討している方必見!家事を楽にする間取りとは?

    注文住宅をお考えのみなさまは、家事の負担を減らせる間取りについてご存じでしょうか。
    できるだけ、家事を楽にしたいとお考えの方も多いでしょう。
    そこで今回は、家事を楽にするためのポイントについてご紹介します。

    □家事がしやすくなる間取りとは

    注文住宅は、その人の好みによって間取りを決められるという長所があります。
    しかし、欲しい間取りだけをやみくもに配置してしまっては暮らしづらい家になってしまうでしょう。
    そのため、動線に注意して間取りを決定することをおすすめします。
    ここからは、家事のしやすい間取りについてご紹介します。

    まず、家事動線について考えるようにしてください。
    動線とは、料理や掃除といった家事をする際に通る経路のことを意味します。
    例えば、洗濯やお子さんの世話などの家事を並行して行う際に、各部屋を往復するとその分だけ時間がかかってしまいます。
    移動の無駄を省くためにも、この動線を意識した間取りを作ることが重要です。

    次に、回遊動線について考えてください。
    この動線を意識することで、移動の際にショートカットできるというメリットがあります。
    行き止まりを無くすことによって少しでも時間を短縮できるでしょう。
    このような小さな差を生み出すことによって、自分の時間を持てるようになります。

    □キッチンのサイズを工夫しよう!

    時間を短縮するための方法として、間取りを工夫する以外にキッチンをコンパクトにすることが挙げられます。
    ここからは、キッチンの工夫について具体的にご紹介します。

    みなさまの中には、広いキッチンに憧れを感じている方もいるでしょう。
    しかし、キッチンのサイズを大きくしすぎると、その分だけ移動距離も増えてしまいます。
    移動距離が増えれば、そこで作業する時間も増えてしまいますよね。

    これを避けるために、キッチンをコンパクトにすることをおすすめします。
    こうすることで、食べ物を冷蔵庫から出して調理するまでの流れを効率的に行えます。
    しかし、あまりにもコンパクトにしすぎると、複数人で作業できなくなるといった問題が発生してしまいます。
    そのため、使用状況をイメージして、使いやすい大きさのキッチンにすることが最も重要です。

    □まとめ

    このように家事動線と回遊動線に配慮した間取りにすることで家事の負担を減らせます。
    また、キッチンのサイズにも気を配ることで移動距離が短縮されて効率的に動けるようになります。
    今回の内容をご参考にしていただければ幸いです。
    注文住宅をご検討中の方は、当社までお気軽にご連絡ください。