注文住宅を建てたい方に向けて住宅ローンの流れについて解説します

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅を建てたい方に向けて住宅ローンの流れについて解説します

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅を建てたい方に向けて住宅ローンの流れについて解説します

    「注文住宅を建てようと考えているけど、ローンについて詳しくわからない。」
    「住宅ローンはどうすれば利用できるの。」
    このようにお悩みの方もいらっしゃいますよね。
    そこで今回は、住宅ローンの2つの種類を紹介してから、実際に利用する際の流れについて解説します。

     

    □住宅ローンの種類について

    住宅ローンは金利の種類によって2つに分けられることはご存知でしょうか。
    それぞれに特徴があるため、確認していきましょう。

    *固定金利の特徴とは

    1つ目の金利タイプは、固定金利です。
    返済が終わるまで、一定の金利が継続されます。
    そのため、低金利のときに住宅ローンを利用し始めるとお得でしょう。
    毎月の支払い額が一定であるため、資金計画が立てやすいですよね。

    *変動金利の特徴とは

    2つ目の金利タイプは、変動金利です。
    一定期間ごとに金利が変化していく点が大きな特徴と言えるでしょう。
    一般的には、5年間は同じ金利のままであることが多いため、参考にしてみてください。

    変動金利の場合、途中で支払い額が増えることが多いです。
    しかし、1回の見直しでは最大でも前回の金利の1.25倍にしかならないため、その点は安心でしょう。

     

    □住宅ローンを利用する際の流れとは

    住宅ローンを利用する際には、まず予算を決定することが重要です。
    注文住宅全体でどれくらいの費用までなら負担できるのか、事前に確認しておきましょう。
    予算が決まれば、土地の購入や建築プランを決定します。

    ここまでの段階が終わって初めて住宅ローンの手続きが開始します。
    まずは、見積もりをもとに事前審査を行いましょう。
    事前審査が不安な方も多いと思いますが、不動産会社や工務店でもサポートしてもらえる場合が多いためご安心ください。

    事前審査を通過して工事請負契約が終われば、本審査に進みます。
    本審査は、事前審査を通過している場合は基本的に大丈夫なので、過度に心配しすぎないようにすると良いかもしれませんね。

    本審査を通過したら、実際に住宅ローンの契約を結びます。
    主に、必要書類を提出して、署名をする場合が多いです。
    必要書類は複数ある場合も多いので、事前に準備しておきましょう。

     

    □まとめ

    今回は、住宅ローンの2つの種類を紹介したのちに、利用する際の流れについて解説しました。
    金利によって2つのタイプに分けられますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、ご自身に合った方を選ぶようにしましょう。
    注文住宅を建てることを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。