注文住宅の間取りは動線に注意して決定しよう!

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅の間取りは動線に注意して決定しよう!

    注文住宅を考える際に重要なポイントとなるのが動線です。
    生活動線はよく知られていますが、通勤動線や来客動線など様々な観点から動線を考えるとより暮らしやすい家になります。
    そこで今回は、注意すべき動線についてご紹介していきます。

    □注文住宅を設計するときに注意すべき動線のポイントとは?

    一つ目のポイントが、生活動線と家事動線は近づけないということです。
    家事をする人としない人の動線が同じ場合、掃除や洗濯などの際にスムーズに移動しづらくなり、日々のストレスになる可能性があります。

    二つ目のポイントが、家事動線を優先的に考えるということです。
    日々の負担が大きい家事動線は生活動線より優先させて設計することをおすすめします。
    特に、家事の中でも掃除や洗濯は重労働です。
    それぞれ作業のしやすさを考えて設計することで日々の家事の負担を軽減させられます。

    三つ目のポイントが、キッチンの形です。
    キッチンは毎日複数回使用するため、できるだけ快適な空間にしたいですよね。
    そのためには、キッチンの形をご自身のライフスタイルに合わせて考えることが大切です。

    例えば、L字型キッチンは作業スペースと調理スペースが分けられるので、料理好きの方におすすめです。
    また、憧れる方も多いアイランドキッチンは、解放感たっぷりで、家族と交流しながら料理したい方にはぴったりです。

    □押さえておきたい3つの動線をご紹介!

    一つ目が通勤動線です。
    朝は、会社へ通勤する父、登校する子供、幼い子供を保育園へ送る母、とそれぞれ目的もばらばらで、非常に忙しくなることが予想できます。
    このような状況で、朝の通勤動線を考えずに設計してしまうと、住宅内で大変混雑してしまうでしょう。

    朝の混雑を避けるためには、通路を広めにとって複数人の移動を可能にすることが大切です。
    また、同じ時間に複数人が洗面所を使用することになるため、鏡を広めにとる、コンセントを洗面台の両脇に設置するなどの工夫もおすすめです。

    二つ目が衛生動線です。
    水回りは1ヶ所に集めると効率的ですが、その際に考慮したいのがトイレの間取りです。
    それぞれの部屋から行きやすい場所が良いですが、近すぎても音が気になったり、来客中に気を遣うことになったりと不便です。
    家族で話し合ったうえで、全員の意見を参考にして決めるのがよさそうです。

    三つ目が来客動線です。
    来客動線は普段からよく来客があるご家庭は特に考えてほしい動線です。

    来客があった場合、多くは玄関からリビングや客間にお通しするでしょう。
    ポイントは、その間の動線に、プライベートな空間が見えないようにすることです。
    洗面所や寝室が丸見えで恥ずかしい思いをすることがないようにしましょう。

    □まとめ

    今回は、暮らしやすさを大きく左右する動線についてご紹介しました。
    この記事を参考にして、様々な動線を意識しながら家族全員が住みやすい注文住宅をつくってみてください。