注文住宅の費用内訳を徹底解説!資金計画に活かそう!

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅の費用内訳を徹底解説!資金計画に活かそう!

    注文住宅を建てる際にかかる費用には、何があるかご存じですか。
    どのようなものがあるかを把握しておくことで、資金管理もしやすくなります。
    安心して家を建てるためにもきちんと知っておきましょう。
    今回は、注文住宅に必要な費用と内訳をご紹介します。

    □注文住宅の費用内訳について

    注文住宅にかかる費用の内訳は、大きく3つです。

    1つ目は、住宅そのものを建てる際にかかる費用です。
    この費用を本体工事費用といい、総費用のほとんどの割合を占めています。
    本体工事費用には基礎工事や設置工事は含まれますが、庭や駐車場などの工事は含まれません。

    広告でよく見る住宅価格は、本体工事費用のみを指している場合があります。
    その場合、実際にはその他の費用も必要になるかもしれません。
    このように、後から追加で費用が必要になる事態を避けるためにも、購入前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。

    2つ目は、付帯工事費用です。
    これは、本体以外にかかる費用のことで、例えば、水道管を家に引き込む際に必要な費用です。
    解体工事や地盤を改良するための工事にかかる費用も含まれます。

    土地の状態や建築プランによって金額が大きく変わるため、事前に確認しておきましょう。
    また、本体工事費用と付帯工事費用の内訳は依頼した会社によって変わります。

    3つ目は、建築工事以外にかかる費用です。
    注文住宅を建てる際には、その過程に発生する契約において、手数料がかかります。
    また、家の購入時に発生する税金やローンを借りる際の手数料も含まれることを押さえておきましょう。
    これらの諸費用を賄うために、余裕を持って資金を確保しておくと良いです。

    □住宅ローンで賄えない諸費用について

    注文住宅を建てる際、住宅ローンで賄えないものもあるため、現金を用意しておきましょう。

    まず、住宅ローンで賄えないものとして登録免許税が挙げられます。
    これは、各種登記を行う際に発生する税金のことです。

    2つ目は、印紙税です。
    皆様の中には、収入印紙を見たことがある方もいるのではないでしょうか。
    施行会社や金融機関などとの契約の際に、これを貼り印鑑で消印することで納付します。

    3つ目は、火災保険や地震保険にかかる費用のことです。
    ただし、地震保険は任意加入にしている機関が多いようです。

    これら以外にも、不動産取得税、住宅ローン手続き費用、つなぎ融資費用、各種負担金などさまざまな場面でお金がかかります。
    家を建てる前に、このような知識をしっかりと把握しておくと良いでしょう。

    □まとめ

    注文住宅を建てる際にかかる費用を知っておくことは大切です。
    把握しておくことで、それらの情報を基にきっちりと予算を決められます。