注文住宅の費用の内訳とは?予算の決め方もご紹介します

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅の費用の内訳とは?予算の決め方もご紹介します

    「注文住宅の建設を考えているけど、どれくらい費用がかかるか分からない」という方はいらっしゃいませんか。
    何にどれくらい費用が必要なのか分からないことには、予算の計画を立てるのも難しいですよね。
    そこで今回は、注文住宅にかかる費用の内訳と予算の決め方についてご紹介します。
    ぜひ参考にしてみてください。

    □注文住宅にかかる費用の内訳

    注文住宅の費用は、建物の建築費以外も用意する必要があります。

    1つ目は、土地代です。
    注文住宅を建設するには、まず持っている土地に建てるか、新しく土地を購入する必要があります。
    土地を購入する場合、土地の代金と不動産会社への仲介手数料がかかります。
    また、所有者を変更するための登記手数料として、登録免許税や印紙代などを支払うことになります。

    2つ目は、建築費です。
    建築費は「本体工事費」とも呼ばれており、注文住宅にかかる費用の70から80パーセントを占めます。
    本体工事費には、基礎工事や内外装工事など建築に関わるものが含まれます。
    他にも、工事現場の囲いや廃材の処分費などの費用もここに含まれます。

    3つ目は、別途工事費です。
    別途工事費は「付帯工事費」とも呼ばれており、注文住宅にかかる費用の10から20パーセントを占めます。
    付帯工事費には、照明器具や冷暖房工事、地盤補強工事などが含まれます。
    つまり、安全に快適な生活を送るためにかかる費用と覚えておきましょう。

    4つ目は、諸費用です。
    諸費用とは、上記以外にかかる費用で、主に事務的な部分や新生活に関わる部分の費用のことです。
    ここには、印紙代や手数料、新しい家具や家電の購入などが含まれます。
    諸費用は、注文住宅にかかる費用の5から7パーセントを占めます。

    □注文住宅の予算の決め方3つの手順

    まずは、注文住宅の購入に充てる自己資金額を決めます。
    貯蓄をすべて購入資金に充ててしまうと、初期費用や生活費が無くなってしまいます。
    自己資金を決定する際には、貯蓄額のうち、手元にどれだけお金を残しておくか、明確にすることから始めましょう。

    続いて、住宅ローンの借り入れ金額を決めます。
    毎月の返済金額を明らかにしておかないと、無理のない返済計画を立てることは難しいです。
    金利を含めて総支払金額を計算した上で、融資額を決めるようにしましょう。

    最後に、住宅の購入資金の限度額を計算します。
    上記2つの費用を設定したら、そこから購入資金を決定します。
    注文住宅の場合、全て建築費に充てることはできませんので、土地の購入や借入資金をしっかりと計算してから、建物にかけられる費用を割り出すことが大切です。

    □まとめ

    今回は、注文住宅にかかる費用の内訳と予算の決め方についてご紹介しました。
    購入予算を決める際には、おおよその相場を踏まえて、全体のバランスを考えながら判断することが大切です。
    ぜひこれらの情報を注文住宅にかける予算を決める際にお役立てください。