注文住宅のローン審査はいつ?ローン全体の流れと審査のポイントをご紹介

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅のローン審査はいつ?ローン全体の流れと審査のポイントをご紹介

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅のローン審査はいつ?ローン全体の流れと審査のポイントをご紹介

    住宅ローンを借りる際、審査はいつ行われるのでしょうか。
    審査のタイミングを知らなければ、家を建てようと思った時に困るかもしれません。
    細かなことを知った上で注文住宅を検討する方が安心感もありますよね。
    そこで今回は、住宅ローンについてお話します。

    □住宅ローンの流れをご説明します!

    まずは、注文住宅を購入するための予算を出します。
    この際、ローンの借入が可能な金額を基準にするのではなく、月々に支払える金額を基準にして考えます。
    そうすることで支払いが滞ることを避けられるため、返済について頭を悩ませる機会が減ります。
    また、専門のスタッフと予算について相談してみるのも良いでしょう。

    予算が決まれば、土地の購入に進みます。
    これは、土地を決定することで建築プランが建てやすくなるからです。
    プランを立てる際には、土地の周りの状況や形状を見る必要があります。
    この段階で土地を買うことに抵抗があれば、仮押さえをしてもらいましょう。

    土地の購入、仮押さえが終われば、具体的な建築プランを立てていきます。
    プランを練る際は、家族とよく話し合い、納得のいくものを作ることをおすすめします。
    そうすることで、愛着が湧き、笑顔の絶えない家にできるでしょう。

    建築プランが決定すれば、建築に必要な金額を見積もれます。
    その後、見積り額分の住宅ローンを借りられるかを金融機関で仮審査してもらいます。
    この過程はインターネットを使えば自分で行えますが、相談している不動産会社が対応してくれることもあるため、確認してみてください。

    仮審査に通った後、施工会社と契約を交わします。
    この契約を結んでしまうと、基本的に建築プランを変更できないため注意しましょう。

    契約が済み次第、住宅ローンの本審査に進みます。
    本審査に通れば、住宅ローンの契約が完了します。
    ただし、住宅ローンは注文住宅が完成してから入金される点に注意が必要です。

    □ローン審査を通るためのポイントとは

    1つ目のポイントは、頭金をできるだけ多く用意することです。
    頭金の額が平均よりも少ないと、金融機関から信用してもらえないかもしれません。
    そのため、安定して返済できることをアピールするためにもできるだけ多く用意すると良いです。

    2つ目のポイントは、複数の金融機関に申し込むことです。
    金融機関によって審査の基準は変わります。
    しかし、申し込む際は金利や返済方法などに注意してください。

    3つ目のポイントは、融資を受ける期間を短くすることです。
    借入期間が短い方が金融機関にとってリスクが低いため、好印象を与えられます。

    □まとめ

    住宅ローンを借りる際は、どのような手続きが必要になるのかを把握しておくことが大切です。
    気持ち良くお金を借りて、自分だけの家を完成させましょう。