注文住宅で最も悩むのは間取り!決め方のポイントをご紹介します

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅で最も悩むのは間取り!決め方のポイントをご紹介します

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅で最も悩むのは間取り!決め方のポイントをご紹介します

    住宅の間取りについて考えたとき、なかなか良いアイデアが浮かばないことはありませんか。
    そのような時、具体的な間取りを知っていれば解決できるかもしれません。
    自分の理想の間取りはあるが、実現する方法が分からないという方は必見です。
    この記事では、間取りを決める際のポイントをご紹介しています。

    □間取りの決め方のポイントとは

    1つ目のポイントは、生活動線を意識して各部屋を配置することです。
    その際、家族の意見を聞いて決めることが大切です。
    せっかく新しく家を建てるのに、家族に不満を持った人が1人でもいると嫌ですよね。
    どうせなら、家族全員が笑って過ごせる家にしたいものです。

    しかし、全員の意見を反映させようとすると、ちぐはぐな家が完成しかねません。
    全員の意見を通したことで、住みにくい家になってしまっては元も子もないですよね。
    それを避けるためにそれぞれの動線を考慮して、間取りを決めていくと良いです。
    意見に優先順位をつけて、間取りを決めることが大切です。

    2つ目のポイントは、土地の形状や周辺環境を把握することです。
    例えば、周りがビルに囲まれている場所を想像してみてください。
    とても息苦しいとは思いませんか。
    また、日当りも悪くなるため、洗濯物も乾きづらくなってしまいますね。

    このような事態を防ぐためにも、その土地の状況を知っておく必要があります。
    実際に見学に行き、周りの情報を集めておくと良いでしょう。

    3つ目のポイントは、具体的な使い方を想像することです。
    例えば、この土地のこの部分は駐車場にするといったように用途を決めておきます。
    あらかじめ用途を決めておくことで、間取りも決めやすくなるでしょう。

    □間取りで後悔しないための注意点とは

    まず、収納スペースを設置する場所に注意してください。
    人の動線を考えてよく使う場所に配置することが大切です。

    次に、コンセントの位置に気を付けてください。
    注文住宅の良い点は、自分で自由に設計できることです。
    だからこそ、コンセントの設置場所を見落としがちです。
    コンセントの配置は生活するうえで重要であるため、設計段階で検討しておきましょう。

    最後に、冷暖房が効きやすい間取りになっているかどうかについて気を付けてください。
    自分好みな間取りを作ることにばかり意識が行くと、冷暖房が効きにくくなってしまうことがあります。
    冷暖房が効くまでに時間がかかると、光熱費もその分多くかかってしまうため、注意が必要です。

    □まとめ

    間取りの決め方のポイントについてご紹介しました。
    せっかく家を建てるなら、家族全員がニコニコできる家を作りたいですよね。
    完成後に後悔しないためにも、これらのポイントに注意してみてください。