注文住宅でよくあるトラブルとは?回避する方法を押さえておこう!

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅でよくあるトラブルとは?回避する方法を押さえておこう!

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅でよくあるトラブルとは?回避する方法を押さえておこう!

    注文住宅に関するトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。
    例えば、建物を工事中であれば騒音がトラブルの種になるかもしれません。
    また、完成後の家が自分の想像とは違った出来栄えになっていることかもしれません。
    今回は、これらを回避するために知っておいた方が良い情報をお伝えします。

    □起きてしまうかもしれないトラブルをご紹介!

     

    *完成後の家が思っていたものと違う

    注文住宅の良さは、希望の間取りの実現、建材の使用ができることです。
    しかし、施工会社との連携が上手く取れていなかったり、完成後のイメージがしっかり共有できていなかったりすると、自分が想像していた家にならないことがあります。
    せっかく家を作るなら、自分の理想通りの家にしたいですよね。
    完成後の家を見て後悔しないためにも、自分のイメージをきちんと伝えるようにしましょう。

     

    *家の完成が遅れてしまう

    一般的に、注文住宅の完成には早くても半年はかかります。
    しかし、何らかの理由によって工期が遅れてしまうと問題が発生します。
    例えば、賃貸住宅の契約期間に合わせて計画を立てていると、仮住まいのための費用を捻出する必要が生じてしまいます。
    そのようなことになれば、想定していた予算よりも多くの資金を費やす必要が出てくるかもしれません。

     

    *近隣住民との間にトラブルが発生してしまうかも

    新築工事中はどうしても人の出入りが多くなったり、大きな音が出たりします。
    工事が始まる前に適切な対応を取らなければ、近隣住民から苦情が入るかもしれません。
    完成後は長く住む家になるため、良好な関係を築いておきたいものです。

    □トラブルを回避する方法とは

    注文住宅を建てる際に起こりうるトラブルを避けるためには、施工会社に任せきりにせず、自分でも考えて行動することが大切です。
    では、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。

    まず、担当者とこまめに情報の共有をすることが挙げられます。
    そうすることで、自分の想像通りの家を建て、問題に迅速に対応できるようになります。

    次に、近隣住民との関係を良好にするために事前に挨拶に行くことが大切です。
    自身で挨拶に行くことで、良い印象を与えられるでしょう。
    また、引き渡し前の内覧時には、家の隅々まで確認しておくことをおすすめします。
    加えて、カメラで撮って証拠を残しておくとトラブルになりにくいです。

    □まとめ

    実際にトラブルが起こってしまうと、精神がすり減り、しんどいものですよね。
    自分で作った家に気持ち良く住むためにも、事前に対処しておきましょう。
    快適な暮らしを実現するためにも、ぜひ参考にしてみてください。