注文住宅でも安くできるのはなぜなのか?そのポイントをご紹介します

    • ホーム
    • お知らせ
    • 注文住宅でも安くできるのはなぜなのか?そのポイントをご紹介します

    event 伊藤スタイル設計主催のイベント詳細

    完成見学会や構造見学会、各種セミナー・相談会など「伊藤設計スタイル株式会社」が主催する各イベントについて、詳細情報をご案内します。当社は秋田県大仙市で注文住宅を手がける工務店。各イベントでは、伊藤設計スタイルの<デザイン×性能+自然素材×コスト>にこだわった家づくりについてご紹介するほか、資金計画に役立てていただける個別相談会などもご用意しています。ぜひ、ふるってご参加ください。

    注文住宅でも安くできるのはなぜなのか?そのポイントをご紹介します

    「注文住宅をできるだけ安く建てたい。」
    このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
    注文住宅には憧れがあっても価格の高さで諦めようとしている方もいるでしょう。
    しかし、注文住宅を安く建てる方法もあります。
    今回は注文住宅を安く建てるためのポイントについて説明します。

    □安い注文住宅ができる理由

    安い注文住宅が作られる理由は粗利にあります。
    粗利とは建物の総額から原価を差し引いたもので、広告費や人件費にかける費用が多い大手ハウスメーカーほど粗利率は高いです。
    低価格で注文住宅を建てられる住宅会社は、費用を抑えた広告を出したり、作業を合理化して人件費を削減したりして経費を抑えます。
    使用する建材や設備のグレードを統一してコストを削減するとともに、仕様が一定なため効率が上がるのも、住宅会社が低価格で注文住宅を作れるひとつの理由です。

    □コストを抑えて家を建てるポイント

    ローコストの住宅メーカーに依頼する以外にも、建築費用を抑える方法はいくつかあります。

    *シンプルな形の家にする

    家の形をシンプルにすることで資材の量が減り、建築費用が抑えられます。
    正方形や長方形といった形状や、1階と2階の面積を同じにする総2階建てにすることで余計なコストがかかりません。
    逆に独特の形状やデザインにしてしまうと、その分コストが高騰してしまいます。
    費用を抑えるのが優先という方は、外観の面ではシンプルモダンなテイストで検討しましょう。

    *部屋の数を減らして壁を少なくする

    壁が多いほど建築費用がかかるので、壁をできる限り減らすとコストを抑えられます。
    部屋の数を増やすことはその分だけ壁も増えることを意味するので、間取りの検討が重要です。
    「部屋が少ないのは不便だ」という方もいるでしょうが、部屋が少ないと採光しやすく風通しも良いというメリットもあります。

    *水回りの設備を集中させる

    水回りの設備を一箇所に集中させることで、配管の工事費を削減できるので建築費用を抑えられます。
    トイレやキッチン、浴室など住宅内には水回りの設備が複数ありますが、全てを集中させるのが理想的です。
    逆に水の流れる音がうるさく感じられることもあるので、寝室や作業部屋からは離す方が良いでしょう。

    □まとめ

    今回は注文住宅を安く建てるためのポイントについて説明しました。
    ローコストのハウスメーカーに依頼するだけでなく、シンプルな作りにする、壁の数を減らす、水回りを集中させるといった工夫により建築費用を抑えて住宅を建てられます。
    注文住宅を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。