コンセプト

concept伊藤設計スタイルの家づくり、その特色

デザインや自然素材にとことんまでこだわって、理想のマイホームを建てられたら──誰しもそう思うことでしょう。ただ、実際は、予算という制約の中でどこまでその理想をカタチにできるかで、満足のいく買い物になるかどうかが決まります。それこそ、私たち「伊藤設計スタイル株式会社」が目指す家づくり。なぜなら、仮にどれだけ資金をつぎ込み、豪華な家を建てたとしても、その出費が元で家計や人生設計に狂いが生じては元も子もないからです。

理想を言えばキリがない家づくりですが、「満足のいく家づくり」はどなたにでも可能です。ただし、それには確かな設計力・施工力を持ち、施主様の資金計画までサポートできる工務店の存在が何より欠かせません。秋田県大仙市で注文住宅を手がける伊藤設計スタイルはその両方を満たして差し上げられます。

デザイン×性能+自然素材×コスト>=「お客様の満足」

<デザイン×性能+自然素材×コスト>=「お客様の満足」

無垢材フローリングや珪藻土、エコカラットなど自然素材をふんだんに使用した住まいを志向する方が増えています。とくに、お子さんのアレルギーを懸念される施主様ほどその傾向が大きいと言えるでしょう。その意味では、今や、自然素材の家は家づくりのスタンダードになりつつあると言えます。伊藤設計スタイルでは、この自然素材をふんだんに取り入れた家づくりを積極的にご提案しています。

それだけではありません。当社では、自然素材へのこだわりだけでなく、住宅のデザイン性が高く、快適性や省エネ性、耐震性でも水準以上の性能を持つ住まいを“手に届く価格”でご提供できます。これが、<デザイン×性能+自然素材×コスト>=「お客様の満足」と考える伊藤設計スタイルの家づくりです。

「注文住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」から選べるから予算にムリがない

「注文住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」から選べるから予算にムリがない

予算に合わせ「注文住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」から家づくりの手法を選べるのも伊藤設計スタイルの魅力。たとえば、資金面で余裕があれば注文住宅で、できるだけコストを抑えたいという場合はセミオーダー住宅や規格住宅を選択できます。もちろんセミオーダー住宅でも規格住宅でも建材を柔軟に選択できるので、予算にムリのない範囲で「自然素材の家」をカタチにできます。

地元に密着した工務店だからこそご要望に添った住まいを実現できる

地元に密着した工務店だからこそご要望に添った住まいを実現できる

伊藤設計スタイルの対応エリアは大仙市とその周辺です。当社所在地である大曲若葉町から車で30分以内の地域とお考えいただければわかりやすいでしょう。実際、この範囲であれば、住宅事情や土地事情、気候風土などを十二分に把握することが可能なため、より理想的な家づくりを実践できるのです。また、当社はあえて商圏を拡大しないことで、文字通り地域に密着した対応、サービスを可能にしています。なお、年間の建築棟数は10棟未満となっていますが、これはいたずらに棟数を伸ばすことよりも、地域のお客様にご満足いただける家づくりを最優先した結果です。

責任感と真摯な対応こそ伊藤設計スタイルの持ち味

責任感と真摯な対応こそ伊藤設計スタイルの持ち味

住宅業界ではよく「責任施工」という用語がよく用いられています。これは、すべてを下請け任せにせず、「家づくりを最後まで自社で責任をもって遂行します」という意思表示だと言えるでしょう。伊藤設計スタイルはこの責任施工は当然のこととして、「責任設計」を強く打ち出しています。一般の工務店とは異なり、当社では代表自らがヒアリングから設計までを一貫して対応しています。だから、的確なプラン提案が可能。他社で何度修正しても設計が希望通りにならなかったというお客様でも、当社にご相談いただくとすんなり納得されるということも決して珍しくありません。まさに、設計士としての経験と、代表としての責任感がなせる業。この真摯な対応こそ伊藤設計スタイルの持ち味です。もちろん、この姿勢は充実のアフターサービスにも表れています。

将来的な補修やリフォームも万全に対応

将来的な補修やリフォームも万全に対応

家は資産であると同時に耐久消費財です。建物の骨格である構造躯体の耐久性がどんなに優れていても、外壁や屋根、水回り、給湯設備などは確実に経年劣化し、10年単位で補修やリフォームが必要となります。伊藤設計スタイルは、単に新築一戸建て住宅を建てるだけでなく、将来的な補修やリフォームにもしっかりと対応。だから、建てた後も安心です。

家づくりに対する伊藤設計スタイルの想い

家づくりに対する伊藤設計スタイルの想い

伊藤設計スタイルがご提案する住まいは一つの「手段」としてお考えください。
そこで。いかに楽しく、やすらぎ、幸せと感じて暮らせるかが本当のテーマだからです。

見た目の豪華さや、規模、性能にこだわるあまり
家計や将来設計を犠牲にしてまで高額なローンを組んでしまうと
待っているのは、返済に追われるつらい毎日だけです。

家づくりを、満足のいくものにするには、
何よりも、余裕のある資金計画を立てることが大切だと言えるでしょう。

住まいを手段と割り切ることができれば、
予算に対する考え方もより柔軟なものになるはず。
なぜならムリしてまで、家のスペックにこだわらなくてよくなるからです。

そこで生まれたゆとりを、家族の健康や教育、ライフスタイルの充実に回せば
暮らしはもっと豊かなものとなるでしょう。

家づくりでは、理想を追うことより、満足や納得を実感できることが重要。
だから、伊藤設計スタイルがご提案するのは、
大きさや豪華さを競う家ではなく、
そこでの暮らしがいかに充実したものになるかを競う家です。